未分類

増大クリームとは?効果や副作用、使い方まで徹底解説します!

ペニスを増大させる商品として多くの人は聞いた事があるであろう「増大クリーム」。

とはいえ実際の所、増大クリームの効果について半信半疑の人多いのではないでしょうか?

「ペニスにクリームなんか塗って意味あるの?」そう半信半疑になってしまう人が大半だと思います。

今回は、そんな疑いの目を向けてしまう方々のために効果や使用方法、安全性など増大クリームの真実について解説していきます。

〇増大クリームとは

増大クリームとはペニスに直接クリームを塗り込む事で、ペニス増大効果を促す商品です。

増大サプリが体内に摂取して内側から増大効果を促すのに対して、増大クリームは外側からアプローチしていきます。

値段に関しては、一か月分で大体5000円~8000円程。

増大サプリよりも5000円程安く販売されていますね。

しかし、あまり安すぎたり高すぎたりすると、偽物や効果が出ない粗悪品である可能性が高いです。

きちんとした増大クリームからは2つの効果を得られます。

  • 血流促進
  • 男性ホルモンの分泌促進

増大させるには、ペニスに流れる血液量を増加させる必要があります。

そのため増大クリームは、ペニスの血流を促して大量の血液が流れ込むようにする点を重要視しています。

これにより、より大きく強い勃起を実現させる事が可能に。

大きく強くなった勃起状態のペニスに慣れる事で、通常時と勃起時のサイズを増大させる仕組みです。

また、テストステロンの分泌量を促進し、勃起力や性欲を向上させます。

増大クリームの仕組みはペニスの血流を促進させてより大きく強い勃起を発生させる事です。また強く大きな勃起状態にペニスが慣れることによって海綿体のサイズが拡張され、結果的に勃起時以外も大きなサイズを維持させる仕組みです。

もう一つのメカニズムはテストステロンの分泌量を促進する事です。体内のテストステロン量が低下すると勃起力低下や性欲減退につながってしまいます。

引用:STERON

それでは、増大効果が得られる成分について説明していきます。

〇増大クリームに含まれる3つの成分

増大クリームに含まれる増大成分は主に3つ存在します。

  1. シトルリン
  2. アルギニン
  3. イチョウ葉エキス

①シトルリン

シトルリンはペニス増大成分の中でも、特に重要な成分の1つといわれています。

その効果は血流を促進させる事。

2007年まで医薬品成分として分類されていた事もあり、強力な効果と安全性を持った非常に有効な成分です。

現在では増大系の商品だけでなく、化粧品などにも配合されるようになっています。

配合されていなかったら、増大クリームではないと言える程。

それくらいほとんどの増大クリームに配合されている成分です。

②アルギニン

アルギニンには主に2つの効果があります。

  • 血流促進
  • 成長ホルモンの分泌

シトルリン同様に血流を促進させる効果があります。

シトルリンと組み合わせて摂取する事で、より大きな効果を発揮させます。

この2つの相乗効果は増大に対して非常に有効であり、人気の増大クリームはほぼこの組み合わせが使用されています。

アルギニンは体の成長を促進させる成長ホルモンを分泌させます。

成長ホルモンには細胞を増殖させる効果があり、海綿体のサイズを大きくする事が可能に。

海綿体は大量の毛細血管を抱えているスポンジ状の組織です。

毛細血管に血液が大量に流れ込む事でスポンジが膨らむように増大できます。

つまり血管と海綿体の両面からアプローチできます。

③イチョウ葉エキス

イチョウは「生きた化石」と言われるほどに生命力の強い植物で有名です。

そんなイチョウから抽出されるイチョウ葉エキスが持つ成分は「フラボノイド」。

フラボノイドはポリフェノールの一種で、血流促進や血管を強化する効果があります。

血流促進に関してはシトルリン程の効果はないものの、ペニス増大には重要な役割を果たします。

更に血管を強化する事で、血液が大量に流れても耐えられる状態になります。

ペニスに流れる血液量の上限を上げるのに非常に重要になってきますね。

またイチョウ葉エキスは海外では医薬品成分として扱われており、その効果の高さを示しています。

〇増大クリームに副作用ってある?

増大クリームはペニスに直接塗る必要があるので、何となくリスクが高いイメージがあります。

「やり方を間違えたら炎症になりそう」や「病気になりそう」と不安になってしまいますよね。

そんな増大クリームには果たして副作用はあるのでしょうか?

結論から言ってしまえば、増大クリームには副作用は存在しません。

全身に塗っても問題ない事が確認されており、むしろ非常に安全だと言えます。

その理由は、増大クリームの成分が全て天然由来だから。

医薬品のように、強力な効果を発揮する代わりに副作用が存在するという事はなく、体に良い成分のみで構成されています。

増大クリームは商品の分類上「化粧品」とされており、薬事法による配合成分の制限を守らなければ販売する事ができません。

国内で製造された商品は安全性が非常に高いと言えるでしょう。

逆に海外産の増大クリームはそのような制限が存在しないので、危険な商品が多いです。

購入の際はなるべく国産の増大クリームを選びましょう。

極めて安全な増大クリームですが、それでも人によっては肌に合わない可能性があります。

そのため、クリームをペニスに塗る前に「パッチテスト」を行いましょう。

やり方は非常に簡単です。

  1. 増大クリームを上腕の内側に塗る
  2. 1日~2日待ち、炎症などの問題が発生していないか確認する

やり方自体は非常に簡単です。

パッチテストの結果、肌に問題が出た場合はその増大クリームはあなたに合っていません。

無理してそのまま使用せず、別の増大クリームに乗り換えましょう。

〇増大クリームの使用方法

増大クリームの成分は非常に安全で、全身に塗っても問題はありません。

しかしペニスは体の中でも特にデリケートな部分なので、心配になる男性も多いでしょう。

そういった男性のために増大クリームの正しい使用方法について解説していきます。

  1. きちんと手を洗う
  2. クリームを適量取る
  3. ペニスをマッサージしながらクリームを塗り込む
  4. しっかり洗い流す

クリームが良くてもペニスに触る手の方が汚かった場合、病気になる可能性があります。

「面倒臭いし、ペニスの病気になんてなった事ないから大丈夫でしょ」

と軽く考えていると、足元をすくわれてしまいます。

包皮はともかく、亀頭部分に触ると炎症になる危険性が高くなります。

絶対ではありませんが、少しでも危険性を下げるためにも事前にきちんと手を洗って清潔にしましょう。

勘違いされがちなのが、クリームを塗った分だけ効果が表れるという点。

しかし、クリームをいくら大量に塗った所で増大の効果は変わりません。

なぜなら、人体が一度に吸収できる成分量に限界があるからです。

多く塗ってもクリームの無駄になるだけですので、注意しましょう。

また、適量は増大クリームの種類によって違ってきますが、おおよそ500円玉くらいが適量になります。

使用前にきちんと商品の説明欄を確認しましょう。

増大クリームは体に優しい成分で出来ているので、ペニスにガッツリ塗りましょう。

亀頭に塗るのが不安な方もいるかもしれませんが、問題はありません。

天然由来の成分のみが使用されているので、副作用などは発生しません。

安心してペニス全体にクリームを塗り込みましょう。

また、ペニスを5分程マッサージをしながら行う事で、より成分が吸収しやすくなります。

塗り終わったらしっかりと洗い流しましょう。

「塗ったまま放置した方が効果が出るんじゃないの?」

と思ってしまう人がいると思いますが、先述した通り成分を一度に吸収できる上限は決まっています。

なので長時間塗ったままにしておく必要はありません。

むしろ炎症を起こしてしまう可能性があるので、塗り込みが終わったらきちんと洗い流しましょう。

〇増大クリームは非常に効果的!継続して塗って増大効果を得よう!

増大クリームはペニスに直接塗るので、一見危険性が高そうですが実はきちんと配合成分に注意して作られています。

むしろ、非常にデリケートな行為をするからこそ、安全性をウリに販売されていると言えるでしょう。

増大クリームはサプリと同じように、3ヶ月は継続していかなければいけません。

しかし、その先にはペニス増大という男の自信がアナタを待っています。

増大効果をゲットし、充実したセックスをしましょう。